自己嫌悪からの脱却

今の自分のまま、幸せに生きる心理学

やりたいことをする

不安を解消するには、とりあえずやってみること

投稿日:2018年1月13日 更新日:

「資格を取って転職したい」

「会社を辞めて独立したい」

「海外旅行に行きたい」

あなたには、やりたいと思っているけれどもやっていないこと、諦めてしまっていることはありませんか。

初めてのことに挑戦するのには不安がともないます。周りから反対されるかもしれないし、失敗して恥ずかしい思いをするかもしれない。それなら今のままでいい、諦めてしまった方がいいと考えるわけです。

ただ、自分で諦めてしまったというのは不愉快な感覚をもたらします。

そこで、

「お金がない」

「時間がない」

「無責任なことはできない」

と外部に理由を作って、諦めざるをえないと自分に納得させるのです。

しかし、やりたいことを諦めたことに変わりはないので、心の中では不満がくすぶり続けます。

どうすればこのような状況を変えることができるのでしょうか。

とりあえずやってみる

現状を変えるには、無理だと思っても、とりあえずやってみることです。

いきなり大それたことをする必要はありません。小さなことから始めればいいのです。

・ネットで情報収集してみる

・関連する本を読んでみる

・実際にやっている人の話を聞いてみる

というだけでも大きな前進です。何をすればいいのか、どのような手続きを踏む必要があるのか、どのような難しさがあるのかということがわかってきます。

具体的な課題が見えてくるのです。

何もしないことには何も変わりません。

しかし行動を起こせば、少しずつでも状況は変わるのです。うまくいかないことがあっても、それを解決するための方法を考えて試してみれば、同じ状況にとどまり続けることはありません。

やってみなければ、向いているのかどうかもわかりません。

絵を描くことに才能があったとしても、実際に描き始めてみなければ才能が開花することはありません。

才能があったとしても、しばらくは、上達しないこと、うまくいかないこともあるでしょう。

誰もが初めは初心者です。今やりたいことをやって成功している人というのは、うまくいかないかもしれないという不安と戦いながら、一歩一歩前進していった結果、そうなったのです。

不安な気持ちは、考えているだけでは解消できません。行動を起こしてみて、初めて解消することができます。

そして成果を急がないことが大切です。成果を上げることに執着していると、うまくいかないとき、すぐに投げ出してしまいたくなります。自分の取り組んでいることを楽しみながら続けていければ最高です。


スポンサーリンク

 

-やりたいことをする

Copyright© 自己嫌悪からの脱却 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.