自己嫌悪からの脱却

今の自分のまま、幸せに生きる心理学

ありのままの自分を受け入れる

「うまくいかなくてもいい」と考えれば、新しい行動に踏み出せる

投稿日:2018年6月3日 更新日:

「人生を変えるためにはとにかく行動することだ」

と言われています。

 

あなたもそのような言葉を読んだり聞いたりしたことがあるはずです。

ただ、行動することが重要だということはわかっていても、実際に新しい行動を起こすことには強い不安や恐怖が伴います。

積極的に新しい行動を起こせるようになるには、どうしたら良いのでしょうか。

 「うまくいくはずがない」という確信

私達がなかなか新たな一歩を踏み出せないのは、心の底で「うまくいくはずがない」と信じているからです。

「うまくいかないかもしれない」と思っているのではありません。

「うまくいかない」と無意識のうちに確信しているのです。

 

だから、うまくいった人の話を聞いても、行動するのに必要な情報を集めてきても、「自分には無理だ」という考えになり、「やめておこう」という結論になります。

失敗すると思っているから、何をするのも怖くなります。

常に、問題が起きたり、損をしたり、怒られたりすることを想像してしまいます。

成功することが保証されているなどということはあり得ないので、失敗する可能性ならいくらでも考えることができます。

結局何もできないまま時間が過ぎていきます。

 1回で成功する必要はない。うまくいかなくてもいい。

しかし、何もできないままでいるのはつらいものです。

後になってから「やっぱり挑戦すればよかった」と後悔することにもなります。

 

では、どうすれば、不安や恐怖に打ち勝って、一歩を踏み出せるのでしょうか。

それは、「うまくいかなくてもいい」と考えることです。

 

新しいことに取り組む場合、うまくいかないのは自然なことです。

そこで重要なことは、1回の失敗に囚われずに、挑戦する回数を増やすことです。

1回の挑戦で、必ず成功させなければいけないと思うから、「うまくいかない」ことが許容できないのです。

私達は、失敗することを深刻に捉えすぎています。失敗すればいいのです。そうすると、次に何をすればいいのか、具体的な課題が見えてきます。

「うまくいかないこと」を経験すればするほど、成功に近づいていきます。

 「挑戦できないのは自分に勇気がないから」ではない

私達の脳は、とても保守的にできています。できる限り危険を回避させようとするのです。

したがって、失敗する可能性に敏感なのは仕方のないことです。

それを「挑戦できないのは自分に勇気がないからだ」と、責める必要はありません。

むしろ、そのようなあり方を受け入れた上で、「失敗したところで特に困ることはない」と考えられるようになる方が、よっぽど生産的です。


スポンサーリンク

-ありのままの自分を受け入れる

Copyright© 自己嫌悪からの脱却 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.