自己嫌悪からの脱却

今の自分のまま、幸せに生きる心理学

ありのままの自分を受け入れる

やめられないのは「やってはいけない」と考えるから

投稿日:

「他人と自分を比べてしまう」

「他人の顔色をうかがってしまい、自分の思っていることが言えない」

「すぐに感情的になってしまう」

「ネットがやめられない」

私達は様々な理由で自分を責めています。

この背景にあるのは「やってはいけないことをやってしまう自分」に対する怒りです。

 

しかし皮肉なことに「やってはいけない」と思えば思うほど、やめることができません。

「やってはいけないこと」をより強く意識するようになります。

そして同じことを繰り返し、さらに自分を責めるという悪循環に陥ります。

 

では、どうすればそのようなループから抜け出すことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

「やってはいけないこと」を「やっていいこと」にする

「やってはいけない」と思っていることを、意識的に、かつ徹底的にやってみましょう。

「他人と自分を比べてしまう」のなら、「そうしないようにしよう」と考えるのではなく、時間を取って、ひたすら他人と自分を比較するのです。

「自分はあれもできないし、これもできない」、「あんなに頑張ったのに、ぜんぜんあの人に追いつけない」と、思いつく限り、

考えてはいけないと思っていたことを吐き出すのです。

嫌な感情が湧き上がってきたら、我慢する必要はありません。

自分に対する怒りが込み上げてきたら、いくらでも自分を責めまくりましょう。

 

すると、自分を包みこんでいた怒りも次第に薄れてきます。

何かが抜け落ちたようなすっきりした気持ちになります。

そして、だらだらと自分を責め続けることから抜け出すことができます。

 

「やってはいけない」と考えるから、いつまでたってもやめられないし、そんな自分を責め続けることになるのです。

だから「やってもいいこと」にしてしまえばいいのです。

 

自分の思ったことを言えないなら、それでいいのです。

逆に何でも口に出してしまって、トラブルが絶えない人もいます。

 

ついつい嘘をついてしまったなら、それでいいのです(「嘘をつきましょう」ということではありません)。

嘘をついたことのない人などいません。

嘘をつかずにはいられない環境というのもあります。

スポンサーリンク

自分の不完全さを受容するから前へ進める

自分の行動を、いちいち自分を責める材料にする必要はありません。

自分で自分を責めて心が疲弊してしまうと、何もする気が起きなくなります。

完璧な人間などいません。私達は、不完全なままで完全なのです。

この事実を受け入れることができれば、自己否定に陥ることなく、新しい行動を起こし、自分を変えていくことができるのです。

-ありのままの自分を受け入れる

Copyright© 自己嫌悪からの脱却 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.