自己嫌悪からの脱却

今の自分のまま、幸せに生きる心理学

ありのままの自分を受け入れる

自信という虚構にすがるのをやめる

投稿日:

「自分に自信がない」

「自信をつけたい」

という人は多いでしょう。

私もかつてはその1人でした。

「自信があればもっと新しいことに挑戦して人生を変えられるのに」

「いつも人の目を意識して委縮している自分が嫌だ」

そう思っていました。

 

それにしても、どうして私たちは自信を求めるのでしょうか。

自信とは虚構であり、そもそも存在しない

私たちが自信にこだわるのは「自分には価値がない」という思い込みがあるからです。

 

「自分には何もできないし、価値がない」という認識は、とても不快なものです。

そのような心の痛み、苦しみから解放されるための「特効薬」として、私たちは自信にすがりつきたいと考えます。

しかし、自信をつけようと頑張ってみても自信をつけることはできません。

なぜなら、私たちを救ってくれる自信などというものは、そもそも存在しないからです。

 

自信というのは、救いを求めて頭の中で考え出した虚構にすぎません。

「自信がないからできない」、「もっと自信をつけてから挑戦する」というのは、行動しないための口実です。挑戦するのが怖いから、「自信がない」ということを持ち出そうとするのです。

どんなに準備をしても、時間をかけて策を練っても、新しいことに挑戦するのは怖いものです。動かないことを正当化しようとすれば、「自信がない」というのはとても都合がよいわけです。

結局のところ、怖くても動いてみるより他ありません。

自信は、自分の心が作り出した空想にしぎないのです。

スポンサーリンク

価値の優劣を判断するのをやめる

諸悪の根源は「自分は劣っている」という心の前提にあります。

そのような思い込みを捨てることが重要です。

では、どうすればよいのでしょうか。

 

優れている、劣っているなどといった価値に関する判断をやめることです。

これは自分に対してだけでなく、他人に対してもです。

自分に陶酔することも、自分を責めることもやめましょう。

他人を崇拝するのも、馬鹿にするのもやめましょう。

自分が価値について判断していることに気づいたら、深呼吸して思考をストップしましょう。

 

少しずつ自分や他人を中立的に見ることができるようになります。

成功も失敗も、それ自体はただの事実です。

「失敗=恥ずかしいこと」というのは、自信のない自分が妄想した虚像にすぎません。

むやみに価値と結び付けて物事を考える癖がなくなれば、挑戦することも、それほど恐ろしいことではなくなります。

その頃には自信なんて、どうでもよくなります。

スポンサーリンク

-ありのままの自分を受け入れる

Copyright© 自己嫌悪からの脱却 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.